アクチュアリー 資格試験

アクチュアリーの仕事
 アクチュアリーとは、死亡率や生存率、事故や災害の発生率などから保険や年金の掛け金や配当金を算出する仕事。
 日本において「アクチュアリーになる」とは、「日本アクチュアリー会の正会員になる」とほぼ同義である(もちろん、外国のアクチュアリー資格を取得することも可能である)。年金数理人や、保険計理人になるための条件の一つは、日本アクチュアリー会の正会員であることである。
 日本アクチュアリー会の会員資格には正会員のほか、準会員、研究会員があり、下記の1次試験・2次試験とも合格すれば正会員、1次試験全科目に合格すれば準会員、それ以外が研究会員である(一度に全科目に合格する必要はない)。

資格

試験日:例年12月

試験科目:
1次試験科目(5科目)
数学、生保数理、損保数理、年金数理、会計・経済・投資理論

2次試験科目(下記のいずれかのコースで、各2科目)
生保コース(生保1、生保2)、損保コース(損保1、損保2) 、年金コース(年金1、年金2)

2次試験は生保・損保・年金のいずれかのコースで合格すればよく、どのコースでも正会員資格に区別はない。ただし、それぞれの分野の実務は大きく異なるため、「生保アクチュアリー」「損保アクチュアリー」「年金アクチュアリー」なる表現を使うことがある。

なお、日本アクチュアリー会は日本で唯一のアクチュアリー団体であり、保険業法第122条の2第2項に基づく、金融庁の指定法人である。アクチュアリーの育成・研修のほか、保険数理に関する調査研究を行い、日本の保険会社の責任準備金の計算基礎である標準死亡率の作成なども行う。

将来性
 保険会社や信託銀行、各省庁でアクチュアリーは欠かせない存在。保険や金融業界に就職すれば、実力次第で昇給やヘッドハンティングも期待できる。最近は、資産運用などでも活躍の場が広がっている。



posted by sikago at 08:16 | 金融 資格試験
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。